仕事



Home > 仕事 > 製造

製造 製造

設計図を元にエンジンを製造する仕事、「確かな品質」を実現しているのが生産部門です。
ダイハツブランドに恥じない製品を造る為に、工場の全体の仕事の流れやレイアウトから働く社員の安全まで多岐にわたる業務を担います。

  • 生産管理


    工場の生産計画の作成や、工程の管理を行います。
    当社の機関は受注生産であるため、受注から完成品出荷まで非常に長い時間がかかります。何万点もの構成部品の手配から納期管理などを行う生産管理は言わば「工場の司令塔」です。

  • 生産技術


    生産効率の良いライン、設備の導入と管理・保全や最適な加工プログラムの作成を行います。どうすれば働きやすく、効率の良い工場になるかを考える「工場のトータルコーディネーター」です。

  • 品質管理


    部品単体や完成したエンジンの試運転や出荷検査等の最終チェックを行います。
    当社では社内独自基準を設け、実際にお客様ご自身の目でも最終的に品質をご確認頂いています。細部に至るまで徹底したチェックを行いお客様に満足頂ける製品である事を証明する「工場のゲートキーパー」です。

ここからは当社の「確かな品質」の担い手である現場の仕事をご紹介します。
伝統のクラフトマンシップを糧に、
お客様の仕様に合わせて設計されたエンジン図面を製品化し、1台1台に命を吹き込みます。

  • 機械ライン(現業職)


    機械ラインでは、エンジンのフレームや心臓部であるクランク軸の加工、その他主要部品の加工行っています。精度の高い加工技術も必要ですが、最新設備のマシニングセンターやNC機械を操り大きな鉄の塊を削っていく姿は圧巻です。

  • 組立ライン(現業職)


    組立ラインでは、工程に沿って部品を順番に組立てます。
    ラインといっても単純作業の繰り返しではなく、受注生産なので作業者ひとり一人がお客様を感じながら丁寧に、仕様に合わせて組み上げていきます。

  • 試運転ライン(現業職)


    試運転ラインでは、実際に運転し性能を確認します。ここは言わば、「機関に命を吹き込む育てる場所」と言えます。産声を上げたエンジンやガスタービンは、力強く動き始め、お客様の元で10年、20年・・・と活躍してくれる事を願い調整を行う、最終工程です。

  • 機械・工場保全(現業職)


    品質の良い製品づくりを行うためには、工場の機械や設備の保全も大変重要な業務です。
    日々、点検・整備し環境を整え、安全に生産を行えるようにする『縁の下の力持ち』として、個々人のスキルアップのために国家技能検定にもチャレンジできます。

渡邉 正太郎 渡邉 正太郎 渡邉 正太郎
製造

渡邉 正太郎 品質管理部 運転検査課

工学研究科 総合工学専攻卒 2014年度入社
仕事をみる

コメント

入社から現在までのキャリアを教えて下さい。
  • 舶用補機関(国内外)の試運転管理、御立会、出荷業務:
    2年
  • 陸用ポンプ駆動用機関の試運転管理、御立会、出荷業務:
    1年
入社の決め手、あるいはきっかけを教えてください。
  学生時代、3年間ディーゼル機関の排気特性に関する研究を行っており、仕事においてもこれまでに学んだ知識を活かしたい、エンジンに携わりたいと考えていました。
  会社説明会においてどの部署に配属されてもエンジンに携わる事が出来ると聞き、まさに求めているものだ!と思い入社を決めました。
現在、担当している仕事を教えてください。
  「次工程はお客様!」という言葉をもとに品質を管理しています。
  エンジンが組み上がった後に図面通りに出来ているか、
  また、実際にエンジン内部に潤滑油・冷却水・燃料油を通し試運転をしてお客様のご要望通りの性能がでているのかを確認し、最後にはお客様の手元にしっかり届くように出荷の段取りを行っています。試運転時には、造船所様や船主様、元請様、施主様等、実際にお客様御立会の元、性能を確認していただく機会もあり、日本人のみならず海外の方も多く、英語でのやり取りが欠かせません。また、機関の知識は勿論必要不可欠となりますが、その場でご質問・ご要望等あればすぐに対応できるよう励んでいます。設計や製造等様々な部署と連携して更なる品質向上を目指し、また、様々なお客様と繋がる事が出来る為、日々学ぶ事も多いですが、非常にやりがいを感じる事が出来ています。
仕事をする上で大切にされている事は何ですか?
  私は段取りを常に意識して早めに行動する事を心掛けています。
  「仕事は段取り八分」と言われますが、私の場合、「段取り九分」であり、事前準備が非常に重要だと実務を通じて実感しています。
  早めに行動する事で、本来予定していなかった突発の業務に対しても十分に時間を費やす事が出来、更に一つ一つの作業の質を高める事にも繋がる為、今後も続けて行きたいと思います。
この業界や今の担当業務の魅力は?
  品質管理部では、現場に近い部署である為、三現主義を徹底する事が出来ます。
  やはり、現場に足を運び、現物を見て現実を知る事は非常に重要であり、知識としてもインプットし易いと思います。
  また、業務の都合上、御立会対応等、お客様との繋がりが深く、生の声を聞ける部署だからこそ、「ありがとう」という言葉を直に聞く事も出来ます。
  言葉だけでは全てを伝える事は出来ませんが、日々学び、感謝される非常に良い部署です。
学生時代と一番変わったことは何ですか?
  何をするにしても「責任」がつきまとう事です。
  学生時代、言い方は悪いですが研究の成果を発表するだけでそこまで責任感はありませんでした。
  しかし、会社・組織に所属し、かつ給料をいただいている為、必然的に責任感が生まれます。
  仕事に慣れてくると、そこが疎かになりがちである為、息抜きはしつつ、一つ一つの業務においてもしっかり意識して行きたい思います。
休日はどのようにして過ごされますか?
  基本的には家族4人でゆっくり過ごす事が多いです。
  土曜日は午前中に1週間分の食料を買いに行き、午後は公園で遊んでいます。
  日曜日はその都度変わりますが、アンパンマンミュージアムや水族館等、関西圏で行ける所に遊びに行ったりしています。
今後の目標や夢を教えてください。
  まずは所属している部署内にて、従来のステップアップよりも早く全ての業務を経験する事が優先と考えています。
  何事もやれば出来ない事は無い、自分の実力が足りなければ実力を上げればいいと思っている為、チャンスがあれば透かさず手を挙げてチャレンジするつもりです。
  全て経験した後は、設計部門やサービス部門等に場所を移し、製造現場で学んだ知識を活かしてプロフェッショナルとして働いて行きたいです。
これから当社に入ろうとする学生へのメッセージをお願いします。
  就職活動中は自分が何をしたいのか分からなくなって不安ばかりが募ると思いますが、
  会社説明会等、積極的に参加して情報を集め、少しでも興味を持つ分野があれば実際に働いている方の生の声を聞くのが一番だと思います。
  ぜひ当社の会社説明会に参加して私たち社員の生の声を聞いてください!

阿部 武史 阿部 武史 阿部 武史
製造

阿部 武史 生産管理部

機械システム工学科卒 2009年度入社
仕事をみる

コメント

入社から現在までのキャリアを教えて下さい。
  • 納入指示業務 社内・社外(国内外)の部品手配、
    年間発注計画作成、納入日の調整:7年
  • GT工程作成  GT工検討作成・受注可否、
    ER工事窓口:5年
  • 出図日程確認 設計の図面提出進捗確認、
    部品手配状況確認等:7年
入社の決め手、あるいはきっかけを教えてください。
  ものづくりに携わりたい、世界シェアのある製品を扱いたいという気持ちで就職活動を行っていました。
  そのなかで、内燃機関に特化し、世界中に製品を販売している当社と出会いました。
  当社で働く以上、何かしら内燃機関の製造に携わる事が出来るという説明を受け、入社することを決意しました。
  エネルギー問題に直面する現代において、クリーンにエネルギーを作れるディーゼル内燃機関の将来性も大きな魅力の一つでした。
現在、担当している仕事を教えてください。
  現在従事している業務の中では、いかに工場内の生産工程をスムーズに進め計画通りの生産を行えるかが大きなポイントです。
  計画通りに生産を行えるのは当たり前ですが現実はうまくいきません。
  その計画通りに行えない真因追求と打開策発案が生産管理部の業務の醍醐味です。
  生産計画に基づき、生産工程をスムーズに進めるため外部メーカーからの部品をどのタイミングで納入するか進捗状況を確認しながら指示を出しています。
  その他にも設計部門や営業と進捗状況確認、部品の管理など様々な部署と連携して仕事をしています。
   自分の業務が当社の生産に直結していると実感するときにやりがいを感じています。
  私が行っている仕事で、もしミスをしてしまったならば生産工程が止まってしまう可能性があります。
  そういったプレッシャーを感じながら業務を遂行しているときは良い緊張感と充実感があります。
仕事をする上で大切にされている事は何ですか?
  私が業務を行うなかで重視しているのは迅速さが挙げられます。
  工程状況は刻々と日々変化しています。
  変化に対し迅速に対応することこそが、そのあとの結果や工程に大きな影響が現れます。
  また、状況に柔軟に対応し、なによりも最後まであきらめない姿勢もこの業務の中では不可欠です。
  生産管理部があきらめてしまえば当社の製造業という製造が成り立たなくなってしまいます。
あなたが考える当社の強みは何ですか?
  当社の強みは何よりも長年培ってきた技術力です。
  当社はカスタマイズメーカーという名の通り、製造している内燃機関はそれぞれ仕様が異なっています。
  顧客からの要求に応える事が出来る柔軟性を支える技術力こそ強みであると確信しています。
  当社の機関は国内のみならず世界中で活躍しています。
  「お客様の希望通りの仕様で希望通りの期日に」こそが当社の強みです。
学生時代と一番変わったことは何ですか?
  社会人としての責任感だと思います。
  学生時代では自分の事だけを考えていれば良かったと思います。
  しかし、社会人となった以上常に会社の看板を背負って会社の代表者としてみられます。
  そのため自分行動は個人としての評価のみならず会社全体・部署の評価となってきます。
  そのことを意識し、責任感ある行動を心がけていかなければならないと思います。
休日はどのようにして過ごされますか?
  休日は日々の業務から離れゆっくりと家族と過ごします。
  仕事では生産を管理していますが、休日のスケジュールを計画するのは苦手です!!
  日々の生活リズムを崩さないように早起きして朝ご飯を食べて家族と一緒に水族館や動物園に行ったり等々しっかりリフレッシュしています。
  滋賀県は立地条件がいいのでどこへでも出かけやすい環境です。
今後の目標や夢を教えてください。
  もっと頼りになる人材へ成長することが最大の目標です。
  製造業にトラブルや工程遅延はよくあることです。
  その問題に早急に対応し打開できる生産管理部を支える人材へ、また当社を支える人材へと成長したいです。
  残念ながら現在は周囲から支えられ、助けてもらいながら日々の業務を遂行している段階です。
  また、今後は新しい業務など臆することなく挑戦して、自身のスキルアップにつなげていきたいです。
これから当社に入ろうとする学生へのメッセージをお願いします。
  恐れずに何事にも挑戦してください!!
  学生時代の様々な挑戦で成功しようが、失敗しようがその経験は必ず貴重な経験となると思います。
  さまざまな経験が成長の大きな糧です。
  そして、その経験を是非当社で発揮し、新たな挑戦をしてください!
  一緒に仕事を出来る日を楽しみにしています。

大矢 哲士 大矢 哲士 大矢 哲士
製造

大矢 哲士 生産技術部

情報系工学研究科 機械情報システム工学専攻卒 2013年度入社
仕事をみる

コメント

入社から現在までのキャリアを教えて下さい。
  • 新製品・開発エンジン生産準備:3年
  • 新規設備立ち上げ:3年
  • 加工技術の調査研究 :3年
入社の決め手、あるいはきっかけを教えてください。
  学生時代ロボコンに参戦していたこともあり、漠然と「もの創り」が出来る仕事に就きたいと考えていました。
  情報系を勉強していた私から見ると、当社は機械系の人しか入社出来ないイメージでした。
  しかし、就職活動座談会の際ある先輩社員から、「当社にはエンジンの専門家は沢山いるので、あとからいくらでも勉強すれば良い。
  逆に、君の経験を当社で活かして欲しい。」という言葉がきっかけで、当社なら自身の個性が発揮出来ると確信し、入社を決めました。
現在、担当している仕事を教えてください。
  現在私は、新製品・開発エンジン生産準備業務に携わっています。
  当社では、様々なエンジン部品を自社工場にて生産しています。
  またエンジン製造だけではなく、環境負荷低減を目的としたエンジンの開発を常に行っています。
  私は、設計された試験エンジン部品の図面を元に、生産する為の加工検討、工具設計・加工プログラム作成、試作業務をメインで行っています。
  商用生産ラインを稼働させながら、試作を行うので限られた時間の中で、品質を確保する事は勿論、最短のツールパスで最適な切削条件を決定していかなければなりません。
  図面通りにものを創る為には、これまでの経験や自分なりの工夫やアイデアが不可欠です。
  試作準備はあらゆるトラブルを想定して綿密な計画を立てて臨みます。
  全てが計画通り進み製品が出来上がったときの達成感は他では味わえないですね。
どんな時に「やりがい」を感じますか?
  生産技術部では、「高品質のものを効率的に生産できる工場づくり」を目標に、最新加工技術を調査研究する事も業務の一つです。
  工作機械や工具メーカの新製品・新技術をすぐに導入出来る様、常に最新情報の収集を心掛けています。
  実際に新技術導入を提案、工場で試作し、従来方法よりも劇的に生産効率が向上すると、その結果が生産実績として数字で現れるので、非常にやりがいを感じます。
あなたが考える当社の強みは何ですか?
  人を育てる環境は、非常に充実していると思います。
  私も配属2年目の時、開発エンジンのフレームライン生産準備を全て任せて頂いた事がありました。
  勿論分からない事ばかりで設備の説明書から読み返す事もありました。
  しかし、上司や先輩、現場の作業者の方々にフォローして頂き、なんとか生産ラインを立ち上げる事が出来ました。
  このように一人一人の成長をしっかりと見守ってくれる企業風土が、当社の一番の強みだと思います。
学生時代と一番変わったことは何ですか?
  もともと物事を深く追求する性格だったのですが、社会人になってストイックさがより増したと思います。
  特に試作業務では、加工箇所の多いワークで約3000にもなる場合もあり、その全てが図面要求を満たす必要があります。
  ワークだけで数百万円するものもあり、当然ミスは出来ません。
  自分の組んだコードが本当にそれで良いのか、常に自問自答しながら作業を進めています。
  加工プログラムの出来次第では、今後ダイハツの品質に関わってくる事なので妥協なんて出来ません。
休日はどのようにして過ごされますか?
  冬の時期は、週末時間さえあれば、雪山に出掛けます。
  学生時代からスノーボードと温泉が好きすぎて白馬に住んでいた事もありました。
  月曜日は全身筋肉痛になっていますが、完璧にリフレッシュ出来て仕事に臨めます!
今後の目標や夢を教えてください。
  もの創りのプロフェッショナル
  配属して3年目ですが、経験不足だと感じる事が多々あります。
  今後色々な事に積極的にチャレンジしていき、経験豊かな人材になっていきたいと思います。
  また当社は、お客様ごとにカスタマイズしたエンジンを生産しており、バリエーションの多さから自動化が非常に難しいのですが、今後工場のFA化にも取り組んでみたいですね。
これから当社に入ろうとする学生へのメッセージをお願いします。
  会社を選ぶときの基準は人それぞれだと思います。
  私が最も重視していた事は、会社の雰囲気と人でした。
  この会社でこの人達とこれから一緒に自分が働きたいかどうか。
  当社は人を大切にし、働きやすい環境があると実感しています。
  是非当社で共に働きましょう!

鹿嶋 俊介 鹿嶋 俊介 鹿嶋 俊介
製造

鹿嶋 俊介 製造部 機械第一課(現業職)

生産機械システム技術科卒 2012年度入社
仕事をみる

コメント

入社から現在までのキャリアを教えて下さい。
  • 中小物部品(ガスタービン,減速機部品等)の加工:4年
入社の決めて、あるいはきっかけを教えて下さい。
  「製造に関わる仕事がしたい」という思いがありました。
  企業説明会に参加した時に、人々の生活を縁の下の力持ち的な存在で支えている会社であることを知り、この会社に入りたいと思いました。
現在、担当している仕事を教えて下さい。
  普段はケガキ作業を行った後に、ラジアルボール盤やフライス盤で加工をしています。
  その他工場内で発生した部品の追加工や、治具の製作も行っています。
  一品物の部品や治具を加工する時に、独特の緊張感がありますが、加工が完了したときの達成感もまた特別なものがあります。
仕事をする上で大切にされている事は何ですか?
  難しい仕事があれば簡単な仕事もあります。
  しかし、簡単な仕事をいい加減にしてしまうと、難しい仕事ができる訳がないと思います。
  簡単な仕事こそ確実にすることが最も大切だと考えています。
どんな時に「やりがい」を感じますか?
  私たちが造っているエンジンを皆さんが目にすることはなかなか無いと思います。
  しかし、人々の生活を支える中で、無くてはならない仕事であると感じています。
  「人々の生活を支えている」このことに対して、私はこの仕事にやりがいを感じています。
入社前と入社後の当社へのイメージの変化を教えてください。
  会社では仕事をするだけだと思っていましたが、ビールパーティーやボーリング大会等のイベントもあり、仕事以外でも社員同士の交流を大事にしていると感じました。
休日はどのようにして過ごされますか?
  休日は妻と子供と一緒に買い物に行ったり、滋賀県の名所へ観光をして過ごしています。
今後の目標や夢を教えて下さい。
  現在私はマシニングセンタの作業技術の習得を目指しています。
  日常の生活に加えて大変ではありますが、経験を積んで様々な部品の加工ができるようになりたいと思っています。
これから当社に入ろうとしている学生へのメッセージをお願いします。
  仕事をする中で、人は一人では何もできないので、自分を助けてくれる仲間をつくるようにして下さい。
  また、その仲間が困っている時は助けてあげて下さい。

木村 裕也 木村 裕也 木村 裕也
製造

木村 裕也 品質管理部 運転検査課(現業職)

総合学科卒 2009年度入社
仕事をみる

コメント

入社から現在までのキャリアを教えて下さい。
  • 小型エンジンから大型エンジンの試運転検査、
    分解・組立、立会い検査:8年
入社の決めて、あるいはきっかけを教えて下さい。
  幼少期から乗り物や機械に興味があり、「物づくりに携わってみたい」と思いました。
  学生時代に当社のことを知り、多くの部品によってできた巨大なエンジンの製造に自分も加わりたいと思ったのがきっかけです。
現在担当している仕事を教えて下さい。
  現在、舶用及び陸用ディーゼルエンジンの試運転検査を行っています。
  組み上がったエンジンを運転定盤で実際に運転して、エンジンが求められた性能を発揮できるように調整しています。
  時には不具合が生じることもありますが、一つひとつ問題を解決して、お客様に満足して使用していただけるように作業を行っています。
  また、私の担当している部署は、工場出荷までに最後の確認作業を行う場所です。
  とても重要な役割を担っている分、プレッシャーもありますが、終わったときの達成感に喜びを感じながら日々仕事をしています。
仕事をする上で大切にされている事は何ですか?
  コミュニケーションを取ることを大切にしています。
  これはどの仕事でも同じだと思いますが、特に私の職場では数人で同じ向け先のエンジンを担当するので、コミュニケーションを取らないとエンジンによって性能のバラツキが出たり、細かな箇所に違いが出たりしてしまいます。
  なので、コミュニケーションを取ることでそのような事を防いで品質を保てるように努めています。
どんな時に「やりがい」を感じますか?
  私にとって仕事のやりがいは、難しい仕事を任され、それをやり終えた時です。
  その仕事に取り組んでいる時は、苦労したり壁にぶつかることもありますが、そのハードルを乗り越えて目標を達成出来たときには、大きな充実感があります。
  仕事を通して自分自身の成長が実感でき、とてもやりがいを感じます。
学生時代と一番変わったことは何ですか?
  学生時代と1番変わったことは責任感です。
  学生の頃は失敗しても周りに迷惑をかけることも少なかったですが、現在は小さな失敗が大きな失敗に繋がる可能性もあるので、一つひとつの仕事に対して責任感を持って取り組めるようになりました。
休日はどのようにして過ごされますか?
  休日は日々の業務から離れ、身体を休める為にもゆっくり過ごすことが多いですが、家族や友人と買い物に行ったり、飲みにいったりします。
  休日に出かけると気分もリフレッシュできるので、また仕事を頑張ろうという気持ちになります。
今後の目標や夢を教えて下さい。
  失敗を恐れずに多くのことにチャレンジをして、知識を増やし技量を上げていきたいと思います。
  今でも分からないことがたくさんあるので、これからも仕事をしていく中で向上心を忘れずに勉強を続けていきたいです。
  そして、自分の得た知識や技術は後輩へと繋げていきたいと考えています。
これから当社に入ろうとする学生へのメッセージをお願いします。
  学生の間に何事も失敗を恐れずにチャレンジして下さい。
  その経験で本当に自分が何がしたいのかが見つかるはずです。
  エンジンや物づくりが好きな人と共に仕事ができることを楽しみにしています。

喜名 俊平 喜名 俊平 喜名 俊平
製造

喜名 俊平 製造部(現業職)

生産技術科卒 2012年度入社
仕事をみる

コメント

入社から現在までのキャリアを教えて下さい。
  • 小物組立(ギヤ類,ポンプ類):4年
  • 小型~大型エンジンの組立:1年
入社の決めては何ですか?
  小さい頃からモノづくりが出来る学校に入りました。
  そして、就職活動が始まり、いろんな会社の求人票がありどれを受けるか悩んでいました。
  先生と相談した結果、当社なら1からモノづくりが出来ると聞き、この会社に決めました。
現在、担当している仕事を教えてください。
  現在は大型エンジンの組立を担当しています。
  エンジンの組立には多くのボルト締めを行いますが、それがとても重要な作業となります。
  ボルトの締め方ひとつのミスが、エンジン起動後、故障や場合によっては大事故に繋がる原因となるからです。
  ですから、責任と緊張感を持って常に作業しなければなりません。一方その責任の重さからやりがいを感じることも多くあります。
  また、組立作業はチームで行います。チーム一丸となって協力し、時には助け合い、組み上がったエンジンを見ると「達成感!」で胸が一杯になり喜びを感じます。
仕事をする上で大切にされている事は何ですか?
  仕事をする上で私が一番大切にしていることは、「お客様目線」に立ちながら日々の業務を行うことです。
  当社の製品を購入していただいたお客様が、永く満足して使用いただく為に、どのような製品なら良いのか、これで使い易いのか等を考えながら造って行かなければ、いずれは求められなくなってしまいます。
  お客様目線の視点で自分なりに考え工夫し、アイデアを出しながら求められる製品となるよう、モノづくりをしていきたいと思います。
失敗談とそこから学んだ事を教えてください。
  失敗談はたくさんあります。
  図面の読み取りミスや見落としをしてしまい、先輩の確認で指摘されたり、時には怒られることもありました。
  始めの頃はそんな失敗ばかりしていましたが、今は少しでも不安な点があれば、先輩に確認し、図面が読み取りにくければ上司に伝え、相談し改善してもらうようにしています。
  今では以前のように失敗することは無くなりました。
  分からない事は必ず確認する事が大切だと学びました。
休日はどのようにして過ごしていますか?
  友達と買い物に行くことが多いです。
  京都や大阪が近いので電車で出掛け、買い物を楽しんでいます。
  買い物の後はご飯を食べに行き、お互いの事を話し合っています。
今後の目標や夢を教えてください。
  私は今の担当業務に対し、とても責任感と達成感があります。
  これからもこの思いを持ち続け、仕事に取り組んで行きたいと考えています。
  まだまだ学ぶ事は多くあるので、色々と経験していき、更なる成長をしていきたいと思っています。
これから当社に入ろうとする学生へのメッセージをお願いします。
  自分が本当にしたい事を考えて就職する事をオススメします。適当に決めてしまっては必ず後悔します。
  自分が本当に何がしたいのかを考えてみて下さい。
  会社に入るという事は、一生を左右すると私は思っています。就職先を考える時は、悩みに悩んで下さい。
  もし当社に入社された際は、一緒に仕事を楽しみましょう!

仕事一覧に戻る