仕事



Home > 仕事 > 管理

管理 管理

「管理」の仕事は社内で「決められた内容を決められた通りこなしている」だけではありません。
当社の社員が「プロフェッショナル」であり続ける為に‥、社内制度を含めた改善を日々行っていきます。当社社員の全力を全力でサポートする仕事です。

  • 総務


    社内外の「企業運営」に関わる仕事を行います。
    経営陣のスケジュール管理から法務関係、広報、株主様対応など、仕事は様々。株主様、お客様、協力会社、お取引先、そして社員とそのご家族に信頼いただけるよう日夜奮闘しています。

  • 人事


    人材育成をはじめ、社内外の「人」に関わる仕事を行います。
    人事制度から教育、採用、福利厚生、給与、そして退職したOB会に至るまで、社内外の「人」に関わる仕事全般。 社員一人一人が安心して仕事に取り組む環境を作るための社内サービスを行っています。

  • 経理


    会社が健康かどうかの指標はやはり「お金」。その管理を行います。
    財務の仕事では資金を効率的に調達して効果的に運用する業務で会社を動かします。一方で会計・税務の仕事は当社の「金庫番」として、グループ全体の経営内容の管理や計算を行います。

後藤 暢之 後藤 暢之 後藤 暢之
管理

後藤 暢之 経理部

経済学部卒 2009年度入社
仕事をみる

コメント

入社から現在までのキャリアを教えて下さい。
  • 関連販売会社他1社経理業務:4年
  • 外為送金:5年
  • 国内グループ会社資金管理システムの管理運用業務:1年
  • 連結決算関連業務:3年
  • 原価計算業務:3年(現在担当)
入社の決め手、あるいはきっかけを教えてください。
  幼少より乗り物が好きだった私は、製造メーカーを中心に就職活動を行っていました。
  当社との出会いは、学内説明会に参加した際に社名に興味を持ったことがきっかけでした。
  製品の『大きさ』『世界の物流やインフラ支える役割と重要さ』『先輩社員の人柄と温かい企業風土』に惹かれ入社を決意しました。
現在、担当している仕事を教えてください。
  主に関連販売会社の日々の経費精算から資金繰り、決算のとりまとめ、税務申告までを担当しております。
  数字が一致した時の喜び、決算が無事に終わったときの達成感、数字の分析結果が仮定通りであった時の喜びなど、経理業務は、地味なイメージとは違い様々な面白さがあります。
  また、他部門からの問い合わせも多く、その時の『ありがとう』の言葉には疲れも吹っ飛びます。
仕事をする上で大切にされている事は何ですか?
  お客様目線で業務を行うことです。身近なお客様の一例は、私に相談頂いた他部門の方になります。
  経理の業務は、専門用語や知識が多く、こちらの立場や都合で回答すると、ご理解頂けるまで、余計な時間がかかってしまうことになり兼ねません。
  私も配属直後は、業務内容を理解するまで非常に苦労したことを覚えております。
  その経験から、他部門の方と話しをするときは、出来るだけ分かりやすく話し、相手の立場に立って回答するように心がけています。
この業界や今の担当業務の魅力は?
  経理は、専門知識と用語が多く難しいと思われがちだと思います。
  実際、私も学生時代に専門的に学んでいた訳ではありませんでしたので、当初は非常に苦労しました。
  しかし、規模の違いこそあれ、どのような企業でも個人事業主であっても必ず経理という業務は必要となります。
  企業の取引の全ては最終的には数字として表れ、数字から会社全体の『動き』が分かります。
  また、関係する法律や基準も多く制度改正等もあり、日々刺激的で底知れない魅力があります。
どんな時に「やりがい」を感じますか?
  「ありがとう」という言葉を頂いたときにやりがいを感じます。
  この言葉を頂けたとき、相手の要望に応えることが出来たと実感できるためです。
  また、経理業務は、数字の計算だけではなく、その計算結果を分析することも重要な業務です。
  担当する関連販売会社の決算内容について、現地の担当者や部長、時には直接 社長から質問を受けることもあります。
  そのときに的確に分かりやすく答えられ、「ありがとう」の言葉を頂けてときは、非常に嬉しかったことを覚えております。
失敗談とそこから学んだ事を教えてください。
  配属後2年目に初めて、販売会社の決算を任されたときです。
  その決算書が計画より大幅に遅延し問題となりました。
  期日までに決算ができないと当社グループの連結決算が確定せず、その影響は計り知れません。
  結果として、先輩方のフォローにより何とか期日に間に合い、大きな問題になりませんでしたが、多く迷惑をかけることになりました。
  改めて、私の任されている業務の責任ということを認識しました。
  原因は、私の勉強不足と準備不足でした。
  それ以来、日々の学習と事前に問題点の洗い出しから対策まで事前準備を入念にするように努めるようになりました。
学生時代と一番変わったことは何ですか?
  常に『改善を』意識し行動することです。
  学生時代のアルバイトでは、与えられた仕事をマニュアル通りこなすことが多かったですが、会社では常に技術革新を始めとして、前進することが求められます。
  ルーティーンワークが多い経理業務においても、『より正確に』『より効率的に』を常に意識するように心がけております。
  その為には、その業務の本質を理解する必要があり、私個人としても日々学習し前進することを意識するようになったことが変わったと思います。
入社前と入社後の当社へのイメージの変化を教えてください。
  会社というと様々な年代の方が働いている為、人間関係が難しいイメージを持っておりました。
  しかし、当社の方々は、質問すると丁寧にお答え頂き、親切な方が多くいらっしゃいます。
  時に厳しいご指摘を受けることもありますが、役職や年齢を問わずアットホーム会社であるという当初のイメージから変化はありませんでした。
仕事が終わった後は何をされていますか?
  お酒を飲むことが好きなので、よく飲みに行っています。
  友人や同期入社の仲間、後輩そして先輩社員の方々と行くことが多いです。
  先輩社員の方々と行く際も特に緊張することもなく、様々なアドバイスや楽しいお話をして頂けるので、とても楽しい時間です。
休日はどのようにして過ごされますか?
  午前中は、洗濯や掃除、サイクリングや野球等のスポーツを行い、午後は買い物、友人と食事に行く事が多いです。
  野球は、会社の草野球チームに所属しており、社外でもチームプレーで切磋琢磨し世界のライバルと戦っております!
今後の目標や夢を教えてください。
  経理業務は、営業とは違い直接会社の利益を生み出すような部門ではありません。
  しかし、経理は会社の資産を預かり守り、お金の動きを通じて会社経営に携わることが出来ます。
  経理の目線から会社をよくし、営業やその他の部門をサポートし、お客様により良い製品やサービスを届けることが出来る会社することが私の使命である考えておりまます。
これから当社に入ろうとする学生へのメッセージをお願いします。
  私は、入社後に経理という業務を知りました。
  そのような私でも、重要な業務を任され経理という職種の面白さを感じ、日々励んでおります。
  学生時代から視野を広く持ち先入観なく様々なことに挑戦してください。
  視野の広いNice-Senseな方、当社で一緒に成長しましょう!

仕事一覧に戻る