製品



Home > 製品 > 船舶用エンジン

船舶用エンジン

古くからヨーロッパでは「ダイハツ」といえば「マリンエンジン」。
船舶用エンジンは当社の顔とも言える分野です。

船舶用エンジン(推進用)

その中で、プロペラを回し船を進める為の推進用エンジンは、「フェリー」や日本および外国国内での荷物を運ぶ「内航船」ではトップクラスの実績を誇ります。推進用エンジンはその性能が船の価値に直結することもあり、お客様からの要望が非常にシビアです。例えばフェリーであれば、お客様が船内で快適に過ごせるようエンジンの「静粛性」や、目的地までの安全就航のためエンジンの「信頼性」が非常に重要。一方で、国内の物流を担う内航船ではハードワークに耐え得るだけエンジンの「耐久性」や「応答性」が求められるのです。

そんなお客様からのご要望に対して、一品一様の仕様設計で応えるのがダイハツ流。環境に配慮した「電気推進システム」など新たな取り組みを含め、当社の技術を推進力としてお客様に提供し続けています。

推進用ディーゼルエンジン 実績例

船舶用エンジン(発電用)

船舶用のエンジンの中でも、当社の主力製品は船内電力を確保する為の発電用エンジン。中型から世界最大規模の大型船まで幅広く利用され、世界でも有数の搭載実績を誇ります。その船の多くは日本と海外との間で様々な荷物を運ぶ「コンテナ船」や「バルクキャリア」。これらの世界中の海を行き来する『外航船』では、長い航海の間エンジンは動き続かなければなりません。何故なら、船の中の航海に必要不可欠な機器類は全て電気で動いているからです。

その電力を供給するのが船の中に設置された発電機とそれを動かすエンジン。エンジンが止まる事はすなわち船が航海不能になる事を意味します。いかなる環境下においても性能を発揮し続ける「1年365日24時間フル回転しても壊れてはいけない」エンジンが求められるのです。当社はあらゆるケースを想定してエンジンを造り込み、これからもお客様の安心と信頼に応えられるエンジンを提供し続けていきます。

発電用ディーゼルエンジン 実績例
製品一覧に戻る